東京都民間カルチャ―事業協議会

会員規約・入会方法

東京都民間カルチャー事業協議会規約

 1)名称
この協議会は東京都民間カルチャー事業協議会とする。
 2)事務局
この協議会の事務局は、当該年度の代表幹事社の所在地に置く。代表幹事社の交代とともに事務局は移動するものとする。
 3)目的
この協議会は、東京都内に事業所をもつ民間カルチャー相互の交流と協力を通じて、東京都における民間カルチャー事業の経営基盤を確立し、健全な発展向上を図るとともに、都内における関係諸機関との連携を保ちつつ、都民の生涯学習について、民間事業者としての新たな提案と推進を目指す。
 4)事業
この協議会は、前項の目的を達成するために、次のような事業を行う。
  1. 会員間の連絡、調整、情報交換
  2. 都内のカルチャー事業全般に関する調査、研究、情報の収集および提供
  3. 生涯学習活動を活性化するための研修会、セミナー等の開催
  4. 都内民間カルチャー事業の振興、宣伝を目的とする相互協力によるイベントの実施
  5. 東京都をはじめとする行政機関および行政に準ずる機関、ならびに生涯学習事業に携わる都内各機関との協議、連携
  6. 全国民間カルチャー事業協議会との連絡調整
  7. 前各号に掲げるもののほか、この協議会の目的を達成するために必要な事業
 5)会員
この協議会の正会員は、都内に事業所を持つ民間カルチャー事業者とし、加盟の単位は事業所ごととする。
また、協議会の目的に賛同し、事業を支援する法人、団体、個人を賛助会員とする。
 6)入会
入会は、正会員2名以上の推薦を得たうえで、入会申込書を提出し、幹事会の承認を得るものとする。
入会金は5,000円とする。
 7)会費
会員は次に定める年会費を納入する。
  1. 正会員は5,000円。ただし複数事業所を持つ企業は、主事業所5,000円とし、他は半額2,500円とする。
  2. 賛助会員は10,000円
 8)会計年度
この協議会の会計年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終わるものとする。
 9)役員および役員選出
この協議会には次の役員を置く。
1、代表幹事 1名~3名 2、幹事 若干名 3、会計幹事 1名 4、会計監査 1名 5、顧問 若干名
役員は、正会員の中から総会において選出する。任期は1年とする。
10)総会
総会は原則として年1回開催する。
   附則
この規約は平成6年10月25日から施行する。